ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

フランス料理

海を見ながら、築120年の再生古民家で上質なフレンチをいただく 江戸時代、大阪と北海道を結ぶ北前船で賑わっていた福井の三国湊。その北前船の船首であった小松家の築120年の建物が、bazik の空間デザイナーである滝澤雄樹氏と、地元福井で古民家再生の実績のある建築家、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】3日め・フランス料理(LULL)』の画像

オーベルジュ型リゾートホテルで優雅なディナーを 屋久島の東南、山を背に海を臨む緑深き高台は、亜熱帯雨林と亜高山気候の交差するエリア。濃厚な緑の香りと、豊潤かつ爽やかな風を感じる絶好のロケーションです。 その地に、真のホスピタリティサービスと世界遺産・屋久
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【屋久島編】2日め・創作フレンチ(sankara hotel & spa屋久島 okas)』の画像

ホテル出身、フランスで感性も磨いたシェフ 鹿児島最大の繁華街「天文館」から鹿児島中央駅方面に向かうメインストリートに位置する複合商業施設、中央ビルディング。地上11階、地下2階で構成されるビルは、地下にグルメタウンがあり、こだわりの飲食店が軒を連ねています
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島編】2日め・フレンチ(a ma facon)』の画像

パリ3つ星帰りのシェフが、フレンチに素材に向き合う 2015年5月に円山から大通へと移転した『meli melo』 2階ゆえに、開放感溢れる明るい店内。 オーナーシェフは、佐藤大典さん。函館市出身。 18歳の時、フランスにホームスティ。24歳から2年間、また渡仏し
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【札幌小樽編3】2日め・フレンチ(meli melo)』の画像

隠れ家のような立地で、創作フレンチを頂く 大阪グルメ2泊3日の旅。2日めです。今日は、隠れ家のようなフランス料理店からスタート! 場所は、心斎橋。御堂筋から西へ入り、さらに路地の奥。 かろうじてフランスの国旗が目印となっていますが、知らなければ通りすぎて
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【大阪編2】2日め・フレンチ(ル クロ)』の画像

ハイコストパフォーマンス、いわゆる単なるコストパフォーマンスではなく、わりと高価格(ハイコスト)でもお得感(コストパフォーマンス)のある料理が、昨今のブームだ。以前では数千円もしたフォアグラが1000円ちょっとで味わえる立食式料理店が各地にできている話題を耳
『大盛況の列車レストラン「TOHOKU EMOTION」』の画像

ポール・ボキューズ×ひらまつのコラボレーションが金沢にも 金沢市の広坂に旧石川県庁があります。県庁舎としては2代めで、大正13年(1924年)の建築。国会議事堂の設計にも携わった矢橋賢吉の設計で、レンガ造りを施した鉄筋コンクリート構造で。空襲が無かったのも幸い
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【金沢編】2日め・フレンチ(ジャルダン ポール・ボキューズ)』の画像

フランスなどでの経験を函館でお披露目 江戸時代末期にいち早く開港し、国際都市となった函館ゆえ、市内には函館ハリストス正教会などの教会も数多く、異国情緒も感じられる雰囲気がただよっています。 そのため、日本料理以外にもフレンチ、イタリアン、スペイン料理
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【みなみ北海道編】3日め・フレンチ(L'oiseau)』の画像

↑このページのトップヘ