ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

居酒屋BAR

200種類のアルコールや様々な料理。週末などはライブハウスにも 鹿児島県には鹿児島市内に天文館という繁華街がありますが、2番目に栄えている夜の街は?と聞かれると、答えられない方も多いかも。実は、それが奄美市の名瀬なのです。以前ほどは活気が無くなったとはいえ、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【奄美大島編2】1日め・Bar&レストラン(ASiVi)』の画像

食材の良さが久米島料理などに活きる 久米島には「リゾートホテル久米アイランド」という素敵なホテルがあります。イーフビーチから徒歩1分。白を基調としたホテルの雰囲気は、まさにリゾートという名に相応しき。その系列の飲食店が『南島食楽園』です。 コンセプトは、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄・久米島編】1日め・居酒屋(南島食楽園)』の画像

屋台からスタート。歴史も炉端焼きのおいしさに加わる 選りすぐりのグルメが集う釧路。海産物、畜産物その他さまざまな良さがあります。ご当地グルメも豊富で、食べきれないほど。そんな中、絶対に外せないのが炉端焼き。今や全国で見受けれらるスタイルですが、こちら釧路
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編2】3日め・炉端焼き(万年青)』の画像

美味しい肴と、笑顔溢れる楽しさで、話題沸騰中 東北一の大都市、仙台なので、市内には数多くの飲食店が存在します。夜の街という側面も強いため居酒屋も1000軒以上。 そんなにたくさんあるので、今や話題沸騰中、予約困難と言われるのが『居酒屋ちょーちょ』です。 木目
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】3日め・居酒屋(ちょーちょ)』の画像

カウンター越しで繰り広げられる藁焼きのかつおなど 繁華街、国分町に予約必須の居酒屋あり。場所は稲荷小路の1階。藍色の垂れ幕が目印の『阿古』。 親方の百武稔さんは、仙台市の出身。 「店名は、三宅島の地名なんですよ」と笑う百武さん。 伺えば、釣りが好きで各地
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】2日め・居酒屋(阿古)』の画像

ドイツの醸造設備で、岩手の地ビールを 岩手県盛岡市に、ドイツより移設した醸造設備を駆使し、ヨーロッパの伝統的な製法によるクラシックビールを造る『ベアレン醸造所』というブルワリーがあります。創業は2001年(平成13年)。 その地ビールが味わえるのが『BEER PUB BAER
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【岩手編】1日め・ビアパブ(BEER PUB BAEREN)』の画像

「見ながら聴く」大人のライフスタイルマガジン『SELECTORS』 「明洞初のルーフトップバー!簡単に言うと屋上のバーなので、夜景も綺麗」 はんつ遠藤 よろしくお願いいたします(*^^*) (スピーカーONで、音声が出ます) https://selector-s.com/contentview?id=87
『【連載】「SELECTORS」明洞のルーフトップバー』の画像

14時から飲める立ち飲みは、島根な食材ラインナップで大評判 大阪や福岡、最近では東京でも増えてきた立ち飲みですが、広島ではまだまだ数少ないです。そんな中、大盛況なのが『そらや』。 しかも住所こそ八丁堀ですが、流川などの繁華街ではなく、市電である広電白島線の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【広島編2】1日め・立ち飲み居酒屋(そらや)』の画像

↑このページのトップヘ