ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮

薬院駅からの隠れ家で、自家製の一夜干しが光る 福岡県はラーメン、水炊き、焼きうどんなどご当地グルメがたくさんありますが、食材自体の素晴らしさも特筆ものです。海産物も豊富で、魚料理にこだわる飲食店も多いです。『寅寅寅』も、地元で人気の和食居酒屋さん。福岡や
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福岡編2】3日め・和食居酒屋(寅寅寅)』の画像

鯖ンバ、愛は勝つ丼などの創作も美味しいレストラン 福井県は広いです。北はあわら市から東は大野市、西は高浜町まで。そんな高浜町の一歩手前、小浜市まで来てみました。日本で最初に象が上陸した地、人魚伝説、若狭塗など様々な顔を持ちます。そんな小浜市で大評判なレス
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編2】3日め・鯖ンバほか(やまと庵)』の画像

朝から豪華な海鮮丼などをお得に味わう 釧路では朝食をいただける飲食店が数十軒あります。ホテルも朝食付きだったりも。そんな中、今、話題なのが「釧ちゃん食堂」。釧路港の「くしろ水産センター」1階。観光客や地元の方はもちろん、漁業関係者も訪れます。 JR釧路駅の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】3日め・海鮮丼ほか(釧ちゃん食堂)』の画像

牡蠣の生産者・中嶋さんの話も楽しいオイスターバー 厚岸で生まれ育ち、三代に渡り牡蠣業を営んでいる中嶋均さん。 昭和50年代の牡蠣の大量斃死事件をきっかけに全力を支えるようになったそう。 そんな中嶋さんが自身の会社であるカキキンの2階に開設したのがオイスター
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】2日め・オイスターバー(牡蠣場)』の画像

厚岸を一望の特等席で、フレッシュな牡蠣を食べ比べ 水族館や総合展示販売、魚介市場、レストランなどが一堂に介する「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」。道の駅的な厚岸の一大スポットで数多くの観光客も訪れます。コンキリエとは貝殻のこと。駐車場も広いですが、厚岸駅
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】2日め・オイスターバー(ピトレスク)』の画像

寿司も美味!牡蠣を約20個使用したコースも美味! 釧路駅周辺から東方向にクルマで約1時間の地に厚岸町があります。千島列島からの親潮や汽水湖である厚岸湖などにより、サンマや昆布、鮭など数十種類もの豊富な海産物に恵まれた地。特に厚岸産の牡蠣はブランドとして全国
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】2日め・牡蠣コース(桜亭)』の画像

メインは蟹!そして鯨や新鮮なお刺身なども堪能 <本文> 釧路の繁華街・末広町「絹」。1階は郷土料理、2階はすし・旬の味と銘打っていますが、両階とも同じ料理が堪能できます。何といっても釧路の新鮮な魚介類に定評のある1軒で、東京豊洲から直送の食材なども。豊富なメ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【道東編】1日め・海産物(絹)』の画像

名古屋名物エビフライがさらに巨大でワクワク 通称“名古屋めし”には多種多様ありますが、そのほとんどが“主食の料理”です。味噌煮込みうどん、ひつまぶし、あんかけスパなど。でも中には“単体”タイプも。例えば手羽先、そしてエビフライ。 ということで、エビフライ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【名古屋編】3日め・ジャンボエビフライ定食(欧味)』の画像

昭和8年から続く寿司店で、地元名物「あがら丼」 2日め2軒めからは白浜町から田辺市へと移動してきました。訪れたのは紀伊田辺駅からほど近い「宝来寿司」。旧街道的な歴史を感じさせる通りにあって、周りも古くから商店を営んでいる建物が。 「宝来寿司」は昭和8年の創
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【和歌山・白浜編2】2日め・寿司(宝来寿司)』の画像

↑このページのトップヘ