ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮

浜松の食トレンドのけん引役・秋元健一さんに出会う 歴史と豊かな食材に包まれた浜松にあって、グルメでは絶対に外せない方がいます。それが、秋元健一さん。東京・中野の出身なのですが、祖父母が浜松だったそうで、小さい頃から慣れ親しんだ地。学校を卒業後、浜松グラン
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【浜松編】3日め・日本料理(宿下吉庵)』の画像

「桝形」直営の「凡猿」で、とらふぐ&すっぽん鍋 なにせ徳川家康が浜松城にいる時からすでに注目の浜松ですから、歴史のある飲食店も数多いです。「桝形」も、しかり。創業明治24年の、浜松を代表する日本料理店の1軒です。 と聞いて伺えば、ビルになっていてびっくり。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【浜松編】3日め・日本料理(凡猿)』の画像

さすが浜松。うなぎの刺身が味わえる! 浜松のグルメといえば真っ先に思い起こすのが、うなぎです。蒲焼、白焼、それぞれに良さがあり、また「ひつまぶし」的な食し方もあります。でも、うなぎの刺身って聞いたことありますか?それが、あるんです。 まさに肴町という地名
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【浜松編】1日め・うなぎの刺身ほか(魚魚一)』の画像

料亭直営ならではの、カジュアル系な現代和食料理店 創業明治23年。建物は国指定有形文化財に指定。福井の迎賓の要地であることを心掛け、料理、接遇、室礼の全てにおいて「お客様の大切なコミュニケーション」の力添えをモットーとする、まさに福井を代表する割烹「開化亭
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】2日め・現代和食(開花亭sou-an)』の画像

定置網元直営の、市場内にある海鮮食堂 福井駅の北西約5㎞に福井市中央卸売市場があります。採れたての新鮮な海産物などが集まる大きな市場。 その一画に建っている「ふくい鮮いちば」。 こちらは市場関係者のみならず一般の人たちも利用でき、飲食店や鮮魚店、青果店、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】2日め・海鮮丼(群青)』の画像

料理もパフォーマンスも驚きの連続! サプライズという言葉がぴったりのシーフードレストラン「OCEANS」。 店内に入った瞬間から、フードテーマパーク的なワクワク感が随所に見れます。 席に着いて、ふと柱を見ればポラロイドカメラで撮影したと思われる素敵な笑顔のお
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】1日め・シーフード料理(OCEANS)』の画像

1日めの夜は、新しくデパート「高島屋」上海店にオープンする「藍亭(らんてい)」にお呼ばれ。 前日の味チェック&レセプションでした。 ・・・ 上海は中心地も広いので、高島屋がどこにあるか分かりませんが、タクシーに乗せられ約30分。 「高島屋」を見た第一印象は「あ、高
『【上海2泊3日の旅201807】1日め:藍亭(高島屋店)レセプション』の画像

地魚などをこころゆくまで堪能できる 旅に出ると、その土地での人気な飲食店に行きたいもの。特に地元の郷土料理が味わえるとなると格別です。そんな希望を満たしてくれるのが『潮騒』。場所は宮之浦。安房と並び、高速船の港もあるため、こちらもちょっとした街並みを形成
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【屋久島編】1日め・郷土料理(潮騒)』の画像

ボリュームたっぷりの定食に、びっくり 食材の宝庫とも呼ばれ、グルメアイランドとも称される久米島ですが、沖縄そばやホテルを除くと、案外とランチがいただけるところは少なかったり。でも、そんな時は『波路』がオススメです。 居酒屋さんですが、珍しくランチ営業もな
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄・久米島編】3日め・定食(波路)』の画像

↑このページのトップヘ