ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮

地魚などをこころゆくまで堪能できる 旅に出ると、その土地での人気な飲食店に行きたいもの。特に地元の郷土料理が味わえるとなると格別です。そんな希望を満たしてくれるのが『潮騒』。場所は宮之浦。安房と並び、高速船の港もあるため、こちらもちょっとした街並みを形成
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【屋久島編】1日め・郷土料理(潮騒)』の画像

ボリュームたっぷりの定食に、びっくり 食材の宝庫とも呼ばれ、グルメアイランドとも称される久米島ですが、沖縄そばやホテルを除くと、案外とランチがいただけるところは少なかったり。でも、そんな時は『波路』がオススメです。 居酒屋さんですが、珍しくランチ営業もな
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【沖縄・久米島編】3日め・定食(波路)』の画像

小豆島の食材が活きる日本料理を堪能 小豆島の土庄港から約2㎞。徒歩でも20数分の海岸通りに、ひときわ目を引く、堂々たる日本料理店『島活』。 店内にはお琴の音色が優しく流れ、上質な空間が広がっています。 檜のカウンターも素敵ですね。 個室もあり、日本庭園を
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【高松・小豆島編】2日め・日本料理(島活)』の画像

大正15年創業。釧路を代表するお寿司屋さんでランチ 大正15年創業。老舗にふさわしい風格や随所に気配りが感じられる心やわらぐ和空間。お酒を片手に板前さんとの会話を楽しんだり、美味なるお寿司をいただけるカウンター席を始め、センスあふれる和の趣きの半個室やテーブ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【釧路編2】2日め・寿司(八千代本店)』の画像

寿司店一筋の親方が国分町で握る 仙台の国分町と言えば東北屈指の繁華街。その一画、定禅寺通りと広瀬通りを結ぶ晩翠通りにある寿司『百々(どど)』。 親方の百々宏二さんは、塩釜の出身。 「小さい頃から寿司屋になるのが夢だったんです」と笑うとおり、まさに寿司店主が
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【仙台編】1日め・寿司(百々)』の画像

温泉の町でいただく「かつおのたたき」&「カプチーノアート」 3日めは指宿市へと移ってきました。指宿市は薩摩半島の南端に位置し、人口約4万人。全域を霧島火山脈が縦断しており、世界に類を見ない「天然砂むし温泉」をはじめ、豊富に湧出する温泉に恵まれた地です。 そ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島編】3日め・かつおのたたき定食ほか(くり屋)』の画像

原辰徳元監督も訪問!原辰徳さんが握る寿司割烹 鹿児島県には離島も多く、食材も文化も気候も違います。それぞれに良さがあり、様々な顔を持つのが鹿児島。 学校を卒業後、徳之島から鹿児島市内へ来た『寿司割烹 光正』の原辰徳さんは、小学生の頃から将来の夢が「板前」だ
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【鹿児島編】1日め・寿司(寿司割烹 光正)』の画像

真面目な話を書くと、僕がミシュラン掲載店とか高級店とかスゲー嫌いな事は、結構、ご存じだと思うのですが、その理由は、まず第一に「高い」から。 でも本当の理由は、これも時々書くけど、東日本大震災とかで亡くなられたり、今でも仮設住宅に居て苦労なさっている方々に対
『金沢でミシュラン2つ星に行ってみた「一献」』の画像

↑このページのトップヘ