ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮

群馬で回転寿司は進化する。「いちもん」 東京からでも群馬は近いです。 クルマで約1時間半(場所や渋滞などでも変わりますけど) 温泉も各地にあったり、三大ご当地うどん処があったりと、観光的にも楽しい県。 新幹線が停まる高崎市でも、達磨発祥の地ともいわれる達磨寺が
『【招待】群馬を握る、まぐろ問屋いちもん(群馬・高崎)』の画像

複合店舗施設「南三陸ハマーレ歌津」で「うたつがね」の天丼 「南三陸ハマーレ歌津」。震災後の復興商店街「伊里前福幸商店街」のあった地に、2017年4月にオープンした、飲食店やお土産店、衣料品店、酒店などが並ぶ複合店舗施設です。 「うたつがね」も、その一軒。 ご主
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】3日め・天丼(うたづがね)』の画像

海産物で有名な気仙沼でもイチオシの魚料理店「福よし」 三陸沖で獲れたカツオ、サンマ、メカジキなど新鮮な海産物で有名な気仙沼市の中でも、全国区の有名度を誇る魚料理専門店といえば「福よし」です。 昭和53年(1978年)の創業で、震災後に向かいの当地に移転しました。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・魚料理(福よし)』の画像

産地直送ではなく産地!石巻は渡波で焼き牡蠣を堪能 宮城県石巻市渡波、万石浦は垂下式牡蠣養殖発祥の地で、種牡蠣の産地としても全国に名を轟かせる場所。 その「石巻漁業協同組合 石巻湾支所 万石浦鮮かき工場」の向かいにあるのが「かき小屋 渡波」です。 ご主人の寺岡
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】2日め・牡蠣(かき小屋 渡波)』の画像

石巻の食材の良さも集結した寿司割烹「竹乃浦」のスペシャル 有限会社飛翔閣。宮城県石巻市の企業で、寿司割烹やブライダルなどを経営。金華山沖のとりたての新鮮な素材をぞんぶんに使用した、石巻ならではの美味しいお料理を提供しています。 それにしてもお城のような建
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【宮城(石巻、気仙沼、南三陸)編】1日め・寿司(竹乃浦)』の画像

登別温泉街で「登別閻魔やきそば」や新鮮な海鮮料理を提供 江戸時代から存在を確認され、明治時代より観光地として栄える登別温泉。 市の北東部の谷間から9種類の温泉が豊富に湧く、世界的に有名な温泉地です。 そんな温泉街の通りに面する「温泉市場」。 店内には様々な
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【登別洞爺エリア編】1日め・登別閻魔やきそば&海鮮丼(温泉市場)』の画像

白老町「たらこ家 虎杖浜」で本物のたらこに出会う 登別洞爺広域観光圏の中でも一番東側にある白老町は人口約16,000人の町で、海、川、山、森と様々な自然にあふれた地。白老牛や虎杖浜たらこなどの特産品のほか、競走馬の産地としても知られています。 カネシメ松田水産株
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【登別洞爺エリア編】1日め・たらこ(たらこ家 虎杖浜)』の画像

直接仕入れで鮮度の良さと大きいネタも嬉しい寿司店「さくらい」 海に囲まれた長崎県ゆえ、海産物を扱う飲食店も多く、寿司店も随所に。 高級系から大衆系まで幅広いラインナップです。 こちら「さくらい」は1988年の創業で、地元のファンも多い評判店ゆえに安心。 カウン
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編2】3日め・寿司(さくらい)』の画像

島原で海を見ながら「平野鮮魚店」の「海鮮丼」 海岸線の長さが都道府県で北海道に次いで2位!と聞くと驚くかもしれません。でも長崎県は本当に海と密接な関係があります。 島原市も、しかり。というわけで、島原の老舗鮮魚店「平野鮮魚店」に伺いました。 「もともと国道2
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【長崎編2】2日め・海鮮丼(平野鮮魚店)』の画像

上質な海産物のオンパレード。千歳「ちょび丸」 今、千歳で話題の海鮮料理店。それが「きまぐれ海鮮八 ちょび丸」です。ご主人の半田克哉さんはもともと魚の卸業を約40年なさってきただけあり、しっかりとした目利きが食材に活きます。苫小牧などで料理店をなさり、約1年半
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【千歳編】2日め・海鮮丼(ちょび丸)』の画像

↑このページのトップヘ