ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

海鮮

日本三大酒場のひとつが、南紀・白浜に! 観光でも有名な地、白浜ですから、居酒屋さんも数十軒あってそれぞれに人気があります。中でも絶大な人気を誇るのが「長久酒場」です。なにせ、日本を代表する居酒屋探訪家の太田和彦氏が、東京・月島の「岸田屋」、大阪・天王寺の
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【和歌山・白浜編2】1日め・居酒屋(長久酒場)』の画像

フレンチ&イタリアン、2人の経験が地元で融合 JR山陰本線豊岡駅の西口より徒歩約3分。2018年6月に『EAT Food&coffee+Wine』はオープンしました。 店舗を切り盛りするのは、西浦優史さんと谷口忠広さん。 両者とも豊岡の出身。西浦さんはテレビ番組「料理の鉄人」に影響
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【兵庫・豊岡編】3日め・創作フレンチイタリアン(EAT Food&coffee+Wine)』の画像

創業昭和17年にしてイマドキの江戸前寿司の洗練さも 「城崎温泉はそれ自体がひとつの大きな旅館」と呼ばれるほど、一体感があります。宿泊客も7つの立ち寄り湯を回ったり、夕食を外で楽しんだり。 そんな城崎温泉で、お寿司といえば『をり鶴』。 外観からして洗練&洒落た
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【兵庫・豊岡編】2日め・寿司(をり鶴)』の画像

浜松の食トレンドのけん引役・秋元健一さんに出会う 歴史と豊かな食材に包まれた浜松にあって、グルメでは絶対に外せない方がいます。それが、秋元健一さん。東京・中野の出身なのですが、祖父母が浜松だったそうで、小さい頃から慣れ親しんだ地。学校を卒業後、浜松グラン
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【浜松編】3日め・日本料理(宿下吉庵)』の画像

「桝形」直営の「凡猿」で、とらふぐ&すっぽん鍋 なにせ徳川家康が浜松城にいる時からすでに注目の浜松ですから、歴史のある飲食店も数多いです。「桝形」も、しかり。創業明治24年の、浜松を代表する日本料理店の1軒です。 と聞いて伺えば、ビルになっていてびっくり。
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【浜松編】3日め・日本料理(凡猿)』の画像

さすが浜松。うなぎの刺身が味わえる! 浜松のグルメといえば真っ先に思い起こすのが、うなぎです。蒲焼、白焼、それぞれに良さがあり、また「ひつまぶし」的な食し方もあります。でも、うなぎの刺身って聞いたことありますか?それが、あるんです。 まさに肴町という地名
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【浜松編】1日め・うなぎの刺身ほか(魚魚一)』の画像

料亭直営ならではの、カジュアル系な現代和食料理店 創業明治23年。建物は国指定有形文化財に指定。福井の迎賓の要地であることを心掛け、料理、接遇、室礼の全てにおいて「お客様の大切なコミュニケーション」の力添えをモットーとする、まさに福井を代表する割烹「開化亭
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】2日め・現代和食(開花亭sou-an)』の画像

定置網元直営の、市場内にある海鮮食堂 福井駅の北西約5㎞に福井市中央卸売市場があります。採れたての新鮮な海産物などが集まる大きな市場。 その一画に建っている「ふくい鮮いちば」。 こちらは市場関係者のみならず一般の人たちも利用でき、飲食店や鮮魚店、青果店、
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】2日め・海鮮丼(群青)』の画像

料理もパフォーマンスも驚きの連続! サプライズという言葉がぴったりのシーフードレストラン「OCEANS」。 店内に入った瞬間から、フードテーマパーク的なワクワク感が随所に見れます。 席に着いて、ふと柱を見ればポラロイドカメラで撮影したと思われる素敵な笑顔のお
『JAL×はんつ遠藤コラボ企画【福井編】1日め・シーフード料理(OCEANS)』の画像

↑このページのトップヘ