ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(東京以外の関東)

先日、埼玉は春日部の「うどん屋 基蔵」に伺いました! 最寄駅は武里駅。店舗の前に駐車場があるので、僕はクルマで。 ご主人は、奈良の山寺で修業経験もあるそう。 いただいたのは「おん玉付き 甘だれ牛すじかけうどん 並盛 300g」 香川「さぬきの夢」など3種類を
『【うどん】うどん基蔵 (埼玉・春日部)』の画像

先日、神奈川はセンター南の「関西うどん こんぴら」に伺いました! 現在は息子さんが2代目として切り盛り。 本場讃岐の味を受け継ぎつつ関西特有の優しい甘味を持たせた温かいだしをベースに ざるや冷など5種類を提供なさっています。 イチオシは「海老かつカレーうど
『【うどん】関西うどん こんぴら (神奈川・センター南)』の画像

先日、茨城は守谷の「足柄うどん」に伺いました! ひさびさの訪問です。優しいご主人、お元気そうでなによりです。 神奈川は足柄の出身で、そちらの水も美味しいのですが守谷の水の良さに惹かれて移住なさった方。 やはり、随所に水の良さが活きます。 「からしうど
『【うどん】足柄うどん (茨城・守谷)』の画像

先日、埼玉は深谷の「本手打ち 武蔵野うどん やま一」に伺いました! 営業は金、土、日のみ。 川島町の名店「本手打ちうどん庄司」で修業を積み、独立なさったそうです。 イチオシの「田舎汁うどん(中盛550g)」を頂きました。 2回の足踏み工程も経た包丁切りの全粒粉入
『【うどん】やま一 (埼玉・深谷)』の画像

先日、神奈川は横浜・元町の「讃岐手打うどん 麗」に伺いました! 香川の「丸亀渡辺うどん」で修業を積んだ女性店主が切り盛りなさっています。 カフェレストランが似合いそうな20代女性で、 カウンター前の打ち場で、自ら延ばして切ってました。 「炙りオリーブ牛の
『【うどん】讃岐手打うどん 麗 (神奈川・横浜元町)』の画像

先日、千葉は行徳の「肉汁うどん こうち屋」に伺いました! 葛西店もありますが、行徳店のほうに。 頂いたのは「贅沢肉汁うどん」 通常バージョンも人気ですが 辛いタイプがイチオシだそうで、「辛」で。 前日から仕込む讃岐風のコシとなめらかさのある自家製うどんは
『【うどん】こうち屋 行徳店 (千葉・行徳)』の画像

先日、群馬は沼田にある吹割の滝の近くの「無もん」に伺いました! もともとは写真家だった田中誠一さんが始めた手打ち蕎麦店でしたが 現在は奥様が継ぎ、やはり手打ちの、うどん&蕎麦を提供なさっています。 店内は広々。窓の外には片品渓谷。 いただいたのは「
『【うどん】無もん (群馬・沼田)』の画像

先日、埼玉は南元宿のうどん店「あべべのべ」に伺いました! 最寄駅は、南与野駅みたい。 (クルマで行きました) 全粒粉も用いたうどんは360gと食べ応えあり、細麺タイプで食べやすさもあります。 定番の肉汁つけうどんもいいですが、 「豆乳旨辛」の癖になる程よい辛さが
『【うどん】あべべのべ (埼玉・南与野)』の画像

先日、茨城県筑西市のJR下館駅至近にあるうどん屋さん「麺茶房 天や」に伺いました! ボリューム&低価格、そして味の追求がモットーだそう。 東京西部や埼玉などでは定番の肉汁うどんですが 茨城県では珍しいので、メニューにあったので「肉汁うどん」を。 最上級小麦
『【うどん】麺茶房 天や (茨城・下館)』の画像

先日、埼玉県富士見市のうどん店「いわ蔵」に伺いました! 最寄りは鶴瀬駅で徒歩数分。裏路地ですが今はGooglemapとかもあるし、駅から近くて便利です。 「和食 ひで蔵」の姉妹店。 定番もありますが、イチオシの「2種のつけ汁セット 肉汁と海老明太クリーム」を。 それ
『【うどん】いわ蔵 (埼玉・富士見)』の画像

↑このページのトップヘ