ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(東京以外の関東)

先日、神奈川は横須賀の「手打ちうどん さわ」に伺いました! 昭和感満載の堂々たる1軒家で、ちょっとびっくり。 隠れ家的な立地にも、ちょっとびっくり。 自宅を開放してうどんを提供し、20数年だそうです。 「天ぷらざるうどん」をいただきました。 前日から作
『【うどん】手打ちうどん さわ(神奈川・横須賀)』の画像

先日、栃木は佐野に行きました。 ご当地グルメの佐野ラーメンが有名な地ですが、今回は、うどん。 伺ったのは「森製麺所」 いろんなメニューがありました。 肉汁うどん 並盛(350g)をいただきました。 国内製粉小麦を用いた自家製うどんは、手もみも施すという独特
『【うどん】森製麺所(栃木・佐野)』の画像

先日、埼玉は狭山の「三丁目の手打うどん」に伺いました! 国産地粉100%の手打ちうどんは、コシと風味が卓越。中盛でも茹で前で400gと、ボリュームたっぷり。 一押しはちょっぴり辛めでクリーミーな、揚げ野菜入り自家製カレーの温かい汁の「野菜カレーつけ麺」。 う
『【うどん】三丁目の手打うどん(埼玉・狭山)』の画像

先日、神奈川県横須賀市の久里浜にあるうどん屋さん「うどんカフェ うせい」に伺いました! 自閉症の息子が才能を開花させた完全手打ちうどんは、 ワイルドなコシの中に小麦粉の甘みや滑らかさも共存しています。 ジューシーな豚肉&生玉子を混ぜて味わう「肉玉うどん」
『【うどん】うどんカフェ うせい(神奈川・久里浜)』の画像

先日、群馬は館林の「楠庵」に伺いました! 上州地粉を基本に足ぶみ、ねかした、風味と甘み、こしのある手打ちうどん。 北海道産と茨城産を中心とした国産玄そばを毎日自家製紛した、挽き立て、打ち立て、茹で立ての手打ちそば。 その両方を味わえる「夫婦天ざる」が
『【うどん】楠庵(群馬・館林)』の画像

先日、埼玉は飯能駅近くのうどん屋さん「古久や」に伺いました! 創業は江戸時代というから驚きです。 現在は6代目が店を守っています。 ていうか、本当はひらがなの「こくや」なんだけど、 ネットで誰かが勝手に「古久や」と書いちゃったそうで それが定着したので
『【うどん】古久や(こくや)(埼玉・飯能)』の画像

先日、さいたま市の「自家製麺 肉汁うどん 桜」に伺いました! 有名うどん店出身の5人が集結し、2020年7月にオープンなさったお店です。 肉汁うどんをいただきました。 日清製粉の最高級小麦粉「金斗雲」を用いた自家製うどんは、 まさに香り豊かでコシがあります。
『【うどん】肉汁うどん桜(埼玉・さいたま)』の画像

先日、神奈川は三浦の「まるい食堂」に伺いました! ひさびさの訪問です♪ 今回のお目当ては「カレー風焼きうどん」 三浦あたりは焼うどんがカレー味のところが多くて、ちょっとしたご当地グルメなのです。 ボリューム&美味で、大評判。 豚肉やニンジン、キャベツ、タマ
『【うどん】まるい食堂(神奈川・三浦)』の画像

先日、埼玉は日高の「手打うどん しょうへい」に伺いました! 創業昭和49年なので、創業約半世紀ですね〜 足踏み工程も経た手打ちうどんは太めで、まさにコシが楽しめました♪ 名物は各種野菜や卵など、具材もたっぷりの「焼鍋うどん」。 大ぶりの有頭海老も、オーダー後
『【うどん】手打うどん しょうへい(埼玉・日高)』の画像

先日、香川で修業し、栃木は真岡で讃岐うどんを提供なさっている「讃岐 手打うどん 丸まさ」に伺いました! 前日に練り、足踏み工程を経た手打うどんは、まさに王道のコシが楽しめます。 まさに正統派! ひさびさに「すかし打ち」を目の当たりにして嬉しかった♪ いただ
『【うどん】讃岐 手打うどん 丸まさ(栃木・真岡)』の画像

↑このページのトップヘ