ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(東京以外の関東)

カウンターでアルコール&Noodlesと会話を楽しむ 先日、千葉は柏の葉キャンパス駅前にある「Ballon bal」(バルバル)に伺いました! 女性店主のファンも多い、カウンター型Noodles Barです。 ウィスキーやビール、ワインなどと共に鶏ベースのツユのうどんもありました。 た
『【うどん】Balloon Bal (千葉・柏の葉)』の画像

先日、神奈川は藤沢の「富貴堂 (ふうきどう)」へ伺いました。 藤沢のご当地グルメコンテストでも2冠達成の有名うどん店です。 名物のカレーうどんは、コシのある讃岐うどんに、オリジナルのクリーミーな味をベースに幅広い年代層向けに仕上げた、麺と絡みやすいカレーツ
『【うどん】富貴堂(神奈川・藤沢)』の画像

先日、埼玉は戸田市のうどん「澤村」に伺いました! 天井の高い、スタイリッシュなゆったり空間で、武蔵野うどんがいただけます。 北海道産小麦粉メインでコシの強い全粒粉入り自家製うどん。 その都度仕入れる上質な豚肉は出汁との相性もぴったりです。 「季節野菜のかき
『【うどん】武蔵野うどん澤村(埼玉・戸田)』の画像

埼玉は川口にある「手打ちうどん ひら田」に伺いました。 川島町の名店『庄司』出身。庄司さんは亡くなりましたが、そのイズムはさまざまなうどん店で続いています! 肉汁うどんと野菜天ぷら盛り合わせをいただきました♪ 埼玉の地粉と北海道小麦粉をブレンドした自家製
『【うどん】ひら田(埼玉・川口)』の画像

先日、千葉は木更津にある「吉田のうどん 輝」に伺いました! 忍野村出身の店主が、山梨名物「吉田うどん」を木更津で提供なさっています。 富士山湧水仕込みの歯ごたえのある麺に、出汁の効いた味噌と醤油(共に千葉産)の合わせつゆ。 山椒や辛味、すりだね(自家製辛味調味料
『【うどん】吉田のうどん輝(千葉・木更津)』の画像

先日、埼玉の「さわ屋」に伺いました! 人気店「さわいち」の先代が、復活なのです。 自宅の1階を改装した作りで、こだわりの庭も必見です。 手打ちうどんは純白で艶やかにして、程よい弾力となめらかさが楽しめます。 オーダー後に揚げる海老やイカ、野菜4品の合わせ天も、
『【うどん】さわ屋(埼玉・大和田)』の画像

先日、ひさびさに旨辛うどん藤原で、藤原店主にお会いしました♪ 武蔵野うどんの定番「肉汁うどん」の進化系“旨辛うどん”の発祥店です。 辛い物初心者から激辛好きの方まで、辛さが無料で7段階から選べるから安心。 旨辛肉汁うどんと追い飯をいただきました! 中細のむっち
『【うどん】旨辛うどん藤原(埼玉浦和)』の画像

先日、川崎駅近くの「うどん×ちょい呑み 川崎うどん」に伺いました! もちもちでのど越しのある讃岐うどんを川崎で提供なさってます。 イチオシは辛さと溶き卵の旨みが一体化したツユでいただく「川崎タンタンうどん」というので、そちらを。 いわゆる、あのラーメンのうど
『【うどん】川崎うどん(神奈川・川崎)』の画像

先日、茨城はつくばの「釜揚うどん店 あおやま」に伺いました! 関東でも珍しき釜揚げうどん専門店が、茨城つくばにあるのです♪ しかも、大阪の『一忠』(閉店)の流れを汲んでます!! まさに熱々の小麦粉の風味ただよう太うどんが、味わえました。 昆布や煮干し、数種類のカ
『【うどん】釜揚うどん店 あおやま(茨城・つくば)』の画像

手打ち&包丁切りのうどんを「冷」で堪能 先日、群馬は高崎の「手打ちうどん たらっぺ」に伺いました! 天井の高い開放感の良い一戸建てです。 香川の製粉所から仕入れる小麦粉を用いた手打ち&包丁切りのうどんは、存在感とボリュームがあります。 チャーシューやあげ玉
『【うどん】たらっぺ(群馬・高崎)』の画像

↑このページのトップヘ