ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(東京以外の関東)

手打ちうどん&徐々に辛さが増すピリ辛つくね汁 先日、栃木は下野の「田舎や」に伺いました! 創業以来約20年。 前日から足踏み工程を経て、当日に手打ちするうどんは、塩味が効き、ムチムチ食感も楽しめます。 普通盛りでも約400g(大盛り〜1キロもあり)!! 自家製辛
『【うどん】田舎や(栃木・下野)』の画像

老舗製麺所で瑞々しきうどんを堪能 先日、栃木は小山の「安田製麺所」に伺いました! 創業100余年の老舗製麺所で、道の駅などでもお赤飯や焼きそばなどを販売なさってます。 と、ともに、製麺所敷地内でもうどんや焼きそば、タンメンなどが味わえます。 いただいたのは「
『【うどん】安田製麺所(栃木・小山)』の画像

埼玉の小麦粉にこだわり、日々、手打ちするうどん 先日、埼玉は南与野の「手打うどん 延喜」に伺いました! 出前専門からスタートした店主。 埼玉産小麦粉100%(全粒粉入り)で手打ちするうどんは、小麦粉の味も良く、ややもちっとした仕上がりです。 名物は熱々で濃厚か
『【うどん】手打うどん 延喜(埼玉・南与野)』の画像

珍しき米粉うどんに日本料理の腕が光る 先日、神奈川は白楽の「うどん鉢」に伺いました! いただいたのは「海うどん」 全国的にも稀有な米粉を用いた自家製うどんは想像よりもコシがあり、つるりとした口あたりです。 日本料理出身ゆえにツユは煮干しや昆布を水だしし、
『【うどん】うどん鉢(神奈川・白楽)』の画像

珍しき「肉つけ汁と釜揚げうどん」の合わせ技 先日、神奈川は平塚の「釜揚げうどん専門店 もと」に伺いました! いただいたのは珍しき肉つけ汁と釜揚げうどんとの合わせ技的な、肉汁釜揚げうどん。 九州や北海道など国産小麦粉を用い、足踏み工程も経た釜揚げうどんは、温
『【うどん】もと(神奈川・平塚)』の画像

温かなうどんに辛さと適度な痺れテイストが混ざる 先日、埼玉は大宮の「秀吉うどん」に伺いました! 四国から直送の小麦粉で打つ自家製うどんは、コシが強く、噛むと小麦粉の香りと旨みも伝わります。 全粒粉入りで健康面も考慮。 出汁に使用するカツオや昆布なども京都か
『【うどん】秀吉うどん(埼玉・大宮)』の画像

驚愕のボリュームと優しさに、嬉しさ120% 先日、群馬は高崎のうどん屋さん「まさか」に伺いました! 頂いたのは「ぶっかけうどんカツカレーセット」 北海道と三重、九州の小麦粉をブレンドしたうどんは、コシと小麦粉の旨みが楽しめます。 和風だしが活きるカレーも美味
『【うどん】まさか(群馬・高崎)』の画像

武蔵野うどん&讃岐うどん、両方のスタイル 先日、埼玉は北本の「水織うどん」に伺いました! 国産小麦粉を用いて前日から仕込む太めのうどんは、コシともっちり感が共存しています。 武蔵野うどん的なつけうどん、讃岐うどん的なかけ、ぶっかけなどが楽しめます。 さらに
『【うどん】水織うどん(埼玉・北本)』の画像

創作的平打ちうどんでファン多し 先日、埼玉は与野の「うどんとおさけ にんじん」に伺いました! 東京の有名レストランで研鑽を積み、埼玉でカフェレストランを切り盛りしたのち、うどん居酒屋を開いたご主人。 ツユに絡む平打ちタイプのうどんで、定番から創作までライン
『【うどん】うどんとおさけ にんじん(埼玉・与野)』の画像

湧き水を利用した手作り創作うどんが大評判 先日、神奈川は秦野の「白笹うどん 多奈加」に伺いました! 古民家を利用した店内は、ほっこりとした懐かしさも溢れてます。 湧き水を用いたうどんは、太めで歯ごたえのある“白笹”と、中太で地粉でのど越しの良い“ゐなか”の
『【うどん】白笹うどん 多奈加(神奈川・秦野)』の画像

↑このページのトップヘ