ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(東京以外の関東)

温かなうどんに辛さと適度な痺れテイストが混ざる 先日、埼玉は大宮の「秀吉うどん」に伺いました! 四国から直送の小麦粉で打つ自家製うどんは、コシが強く、噛むと小麦粉の香りと旨みも伝わります。 全粒粉入りで健康面も考慮。 出汁に使用するカツオや昆布なども京都か
『【うどん】秀吉うどん(埼玉・大宮)』の画像

驚愕のボリュームと優しさに、嬉しさ120% 先日、群馬は高崎のうどん屋さん「まさか」に伺いました! 頂いたのは「ぶっかけうどんカツカレーセット」 北海道と三重、九州の小麦粉をブレンドしたうどんは、コシと小麦粉の旨みが楽しめます。 和風だしが活きるカレーも美味
『【うどん】まさか(群馬・高崎)』の画像

武蔵野うどん&讃岐うどん、両方のスタイル 先日、埼玉は北本の「水織うどん」に伺いました! 国産小麦粉を用いて前日から仕込む太めのうどんは、コシともっちり感が共存しています。 武蔵野うどん的なつけうどん、讃岐うどん的なかけ、ぶっかけなどが楽しめます。 さらに
『【うどん】水織うどん(埼玉・北本)』の画像

創作的平打ちうどんでファン多し 先日、埼玉は与野の「うどんとおさけ にんじん」に伺いました! 東京の有名レストランで研鑽を積み、埼玉でカフェレストランを切り盛りしたのち、うどん居酒屋を開いたご主人。 ツユに絡む平打ちタイプのうどんで、定番から創作までライン
『【うどん】うどんとおさけ にんじん(埼玉・与野)』の画像

湧き水を利用した手作り創作うどんが大評判 先日、神奈川は秦野の「白笹うどん 多奈加」に伺いました! 古民家を利用した店内は、ほっこりとした懐かしさも溢れてます。 湧き水を用いたうどんは、太めで歯ごたえのある“白笹”と、中太で地粉でのど越しの良い“ゐなか”の
『【うどん】白笹うどん 多奈加(神奈川・秦野)』の画像

地元イワイノダイチ使用の氏家うどんを 先日、栃木はさくら市の「御食事処 勝山」に伺いました! 創業約半世紀の御食事処は、定食から麺類まで幅広いラインナップです。 中でもさくらブランドの地元産小麦粉「イワイノダイチ」使用の氏家うどんが名物。 厚みのある平打ち
『【うどん】御食事処 勝山(栃木・さくら)』の画像

王道の自家製讃岐うどんに、創作辛旨つけ汁がぴったり 先日、埼玉は大宮の「縁尽」に伺いました! うどん職人歴20年以上の店主。 香川から直送の小麦粉を用いた自家製うどんはコシがあり、まさに王道の讃岐スタイルです。 いただいたのは「薬膳辛つけ麺」の「昼限定ちょい
『【うどん】縁尽 (埼玉・大宮)』の画像

埼玉・大宮で、粘るコシ系のうどんを提供 先日、埼玉は大宮の「田舎打ちうどん 円満」に伺いました! 自宅を改装してうどん店をなさってます。 ぶっかけうどんの並と、かしわ天をいただきました♪ 前日から作成する、足踏み工程も経た手打ちうどんは、やや細目で粘るコシ
『【うどん】円満 (埼玉・大宮)』の画像

味もボリュームも大評判の武蔵野うどん 先日、埼玉は川越の「うどん本舗」に伺いました! 2006年に東松山で創業し、2013年に川越に移転。 肉汁うどんをいただきました。 群馬県産つるひかりを用いたうどんは、小麦の甘みや香り、艶が楽しめます♪ ねぎも東松山市の加藤農
『【うどん】うどん本舗 (埼玉・川越)』の画像

埼玉の地粉を用いた熟成系うどん 先日、埼玉は越谷の「手打ちうどん うちだや」へ伺いました! “武蔵野うどん”と銘打つけど、埼玉の地粉を用いて、一日半熟成させる手打ちうどんは、滑らかな食感とのど越し、艶やかな仕上がりで、幅広い客層に支持されてます。 新登場の
『【うどん】手打ちうどん うちだや (埼玉・越谷)』の画像

↑このページのトップヘ