ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん

先日、大阪は貝塚の「うどんダイニング よさこい」に伺いました! 泉州水なす浅漬で有名な「よさこい」が手掛ける和食レストランです。 一押しは、かつて貝塚駅前の食堂で大人気だったご当地グルメ「貝塚の焼うどん」というので、それを。 甘さが活きる泉州玉ねぎや牛肉な
『【うどん】よさこい(大阪・貝塚)』の画像

先日、埼玉は狭山の「三丁目の手打うどん」に伺いました! 国産地粉100%の手打ちうどんは、コシと風味が卓越。中盛でも茹で前で400gと、ボリュームたっぷり。 一押しはちょっぴり辛めでクリーミーな、揚げ野菜入り自家製カレーの温かい汁の「野菜カレーつけ麺」。 う
『【うどん】三丁目の手打うどん(埼玉・狭山)』の画像

先日、神奈川県横須賀市の久里浜にあるうどん屋さん「うどんカフェ うせい」に伺いました! 自閉症の息子が才能を開花させた完全手打ちうどんは、 ワイルドなコシの中に小麦粉の甘みや滑らかさも共存しています。 ジューシーな豚肉&生玉子を混ぜて味わう「肉玉うどん」
『【うどん】うどんカフェ うせい(神奈川・久里浜)』の画像

先日、東京は吉祥寺の「うどん 白石」に伺いました! 前日練りの自家製うどんは、 香川やオーストラリア、三重などの小麦粉を合わせて、 コシだけでなく、風味や伸び感も重視なさっています。 いただいたのは、半熟味玉天ぶっかけ。 イリコや昆布、カツオ節、サバ節な
『【うどん】うどん白石(東京・吉祥寺)』の画像

先日、群馬は館林の「楠庵」に伺いました! 上州地粉を基本に足ぶみ、ねかした、風味と甘み、こしのある手打ちうどん。 北海道産と茨城産を中心とした国産玄そばを毎日自家製紛した、挽き立て、打ち立て、茹で立ての手打ちそば。 その両方を味わえる「夫婦天ざる」が
『【うどん】楠庵(群馬・館林)』の画像

先日、埼玉は飯能駅近くのうどん屋さん「古久や」に伺いました! 創業は江戸時代というから驚きです。 現在は6代目が店を守っています。 ていうか、本当はひらがなの「こくや」なんだけど、 ネットで誰かが勝手に「古久や」と書いちゃったそうで それが定着したので
『【うどん】古久や(こくや)(埼玉・飯能)』の画像

先日、愛知は豊橋の「東京庵 本店」に伺いました! 明治17年創業の老舗うどん、そば店で、本店と豊川店があります。 いただいたのは、名物の「にかけうどん」 宗田ガツオやムロアジ双方の荒節を約40分かけてじっくり煮出すゆえに、節の深みが秀逸です。 むっちりとした自
『【うどん】東京庵 本店(愛知・豊橋)』の画像

先日、さいたま市の「自家製麺 肉汁うどん 桜」に伺いました! 有名うどん店出身の5人が集結し、2020年7月にオープンなさったお店です。 肉汁うどんをいただきました。 日清製粉の最高級小麦粉「金斗雲」を用いた自家製うどんは、 まさに香り豊かでコシがあります。
『【うどん】肉汁うどん桜(埼玉・さいたま)』の画像

先日「うどん せんや」に伺いました! 甲府の住宅街に佇む、一軒家を改装した隠れ家的うどん店です。 時間があったので、甲府駅から徒歩で。約30分。 2日かけて熟成させた程よい太さとコシ、モチっとした食感の自家製うどん自体が美味しいです♪ 北海道産昆布やサバ、カ
『【うどん】せんや(山梨・甲府)』の画像

先日、東京は新宿御苑前の「うどん 萬田次郎」に伺いました! 「豊前裏打会」に属する福岡の「萬田うどん」が、「さるぅ」に続いて東京に2号店をOPENです♪ 広い「さるぅ」と違い、こちらはカウンター主体の店内。 長期熟成を施した透明感もある自家製うどんは、ツ
『【うどん】萬田次郎(東京・新宿御苑前)』の画像

↑このページのトップヘ