ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん

まいどですー♪ なにやら赤門あたりが大変なことになってますが、、 先日、東京大学に行きました。 事件とは全く関係ありません。。 本郷三丁目あたりに用事があり、時間が少しだけ余っていたので。 この界隈も有名なうどん屋さんラーメン屋さんがありますね。 うどんだ
『東京大学に行きました』の画像

まいどですー♪ 今年に伺ったうどん屋さんをじっと眺めていて せっかくなので、ベスト5を選んでみました。順不同(北から) 千歳饂飩(北海道千歳) 細うどん(自家製)天せいろ 神製麺所(青森弘前) ぶっかけ(冷)並 のうぼ(埼玉久喜) 自家製ごぼう麺のうどん 肉なす汁 (中)
『【はんつ遠藤が選ぶ2021年に伺った全国のうどん店ベスト5(順不同)】』の画像

先日、福岡は博多の「博多あかちょこべ」に伺いました! 福岡「うどん居酒屋」の先駆者とも言われるお店です。 うどん発祥地の博多で、「水磨の図」の石臼を杵で突きながら作った歴史を鑑み、自家製の古式胚芽うどんを提供なさっています。 京都からの厳選高級節類を使
『【うどん】あかちょこべ(福岡・博多)』の画像

先日、岐阜は瑞浪の「かま濃 瑞浪本店」に伺いました! 瑞浪を始め、5店舗あります。 数種類の味噌をブレンドした秘伝の味噌に、濃厚な“もみじ玉子”が合う「味噌煮込みうどん」が大評判です♪ 近年は「ピリ辛台湾」「カレー」「地獄」など味噌煮込みうどんのバリエー
『【うどん】かま濃 瑞浪本店(岐阜・瑞浪)』の画像

先日、愛知は名古屋の「めんつるび」に伺いました! 進化系名古屋名物と銘打たれた、幅広きしめん。 幅約3.5㎜で見た目の美しさはもちろん、 国産「きぬあかり」を使用した、 つるっとしたのど越しやもちもちの食感が楽しかったです♪ 珍しい「カレーきしめん」をい
『【うどん】めんつるび(愛知・名古屋)』の画像

先日、東京は五反田の「うどん屋 和(かなう)」に伺いました! うどんの概念を打ち砕く、というか、武蔵野うどんが独自進化した的な熟成極太うどんは、噛めば噛むほど美味さが沸き立ちます。 400gのボリュームも大満足。 イチオシは汁が温かく、麺が冷たい「肉汁うどん
『【うどん】うどん屋 和(東京・五反田)』の画像

先日、栃木は宇都宮の「讃岐うどん太一」に伺いました! 香川まで修業に行き、栃木は宇都宮で讃岐うどん店をオープンなさったそう。 二段熟成の太うどんは、つるりとしたのど越しと適度なコシが楽しめます。 いただいたのは「海老もちぶっかけ」 小エビ天が5個と揚げ
『【うどん】讃岐うどん太一(栃木・宇都宮)』の画像

先日、群馬は高崎の「榛名十文字うどん」に伺いました! 「榛名十文字ミート」直営のうどん店です。 いただいたのは「肉汁うどん」。 群馬県産きぬの波を中心に独自ブレンドした小麦粉を、こだわりの水・塩を使用して作る生地は、時間をかけた「二段熟成」で仕上げたちぢれ
『【うどん】榛名十文字うどん(群馬・高崎)』の画像

ちょっと前ですが、神戸は山陽垂水駅から至近の「上州屋」に伺いました! 店を構えて約半世紀。 朝早くから練り上げる自家製うどんは、細めでしなやかな食感でした。 サバやウルメ、利尻昆布などをふんだんに使用したダシ感の濃いめなツユもよかったです。 優しい全卵
『【うどん】上州屋(兵庫・垂水)』の画像

先日、神奈川は藤沢にある「丼拓」に伺いました! 創業以来37年。藤沢で博多うどんを提供なさっている珍しい店舗です。 肉ごぼう天うどんをいただきました♪ 福岡県産小麦粉などを用いた特注うどんは、ソフトな食感の中にコシがあります。 カツオやサバ、ウルメイワシ
『【うどん】丼拓(神奈川・藤沢)』の画像

↑このページのトップヘ