ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば

先日、大阪は心斎橋の「自家製蕎麦 みやび」に伺いました! 場所は心斎橋北商店街を入ってすぐ。 すごく家賃が高そう!と思ったら、もともと奥様のお父様がこちらで中華料理店を営まれていたそうで、 自分の持ち物なんだとか。 なるほどー。だから低価格で提供できるんです
『【蕎麦】みやび(大阪・心斎橋)』の画像

大宮駅の東口界隈は、なかなかの「飲み街」が形成されてます。 でも、新幹線を途中下車して向かう時と、 昼間におうちからクルマで来る時と、 アプローチの仕方が違うせいか、同じ区画に来たという概念が全くなく。。 先日、大宮にクルマで行きました。 停めたのはスーパー
『【蕎麦】桃栗あん(埼玉・大宮)』の画像

先日、千葉は館山の「手打そば・うどん たちばな」に伺いました! 創業20余年。 ご主人は、八王子の有名蕎麦店で修業ののち、東京のホテルで接客や料理も学んだそう。 石臼挽き自家製粉の手打ちそばは、産地にもこだわり、二八、粗挽き田舎、十割を打ち分ける。 それをすべ
『【蕎麦】たちばな(千葉・館山)』の画像

先日、神戸は元町の「京屋」に伺いました! 創業以来半世紀以上。古くからの根強いファンも多いそばうどん店です。 琴の音色が流れる雰囲気も、癒しの空間が広がります。 そばはもちろん手打ちで、香ばしき天ぷらとのセット「天ざるそば」がイチオシ。 うどんも手打ち
『【蕎麦】京屋(兵庫・元町)』の画像

先日、十日町出身の店主が、そば店で約20年腕を振るい、三条で独立なさったと聞き、訪問しました。 「へぎ蕎麦処 むろしま」。 “ふのり”を用いた小千谷産そば100%のへぎそばは、つるりとしたのど越しが楽しめ、つゆとのバランスも良かったです。 いただいたのは「天ざ
『【蕎麦】へぎ蕎麦処 むろしま(新潟・三条)』の画像

最近はインターネットも発達し、 食べログやGooglemapなども浸透し、 飲食店情報はネットでなんでも分かると錯覚しがちです。 いえ、まだまだダメです。 東京ならばともかく 全国ベースだと、ぜんぜん。 先日に伺った岡山市。 新幹線も停まるし、人口も約72万人もいる、文
『【蕎麦】鷹とり(岡山・岡山)』の画像

先日、宮崎市の阿波岐原森林公園の南側にある「遊食人 森の麻布」に伺いました! 繁華街である橘通りにある「蕎麦ダイニング麻布」の2号店みたい。 一戸建てで、ゆったり。まさに森の雰囲気を感じるお蕎麦屋さんです。 洋風クラシカル的雰囲気で、女性のお客さんが8割だ
『【蕎麦】森の麻布(宮崎・宮崎)』の画像

先日、千葉は浦安の「蕎麦 うらやす 信や」に伺いました! 蕎麦の実(丸抜き)を仕入れて自ら石臼挽きした、ほぼ十割のそばは、風味とつるりとしたのど越しです。 しかもカツオ(本枯)節を厚削り薄削り2種類、手削りする真剣ぶり。 そんな出汁が活きつつも一興なのが「海苔
『【蕎麦】蕎麦 うらやす 信や(千葉・浦安)』の画像

先日、山形市の「肉そば まるり」に伺いました! いただいたのは「冷たい肉そば」 庄内産の親鶏がベースの冷たいツユに、しっかりとしたコシを携えたそば。 コリコリの親鶏の食感もよかったです♪ 手作りタルタルソースのかかったミニからあげ丼とのセットがイチオシと
『【蕎麦】肉そば まるり(山形・山形)』の画像

先日、新潟市の「蕎麦DAYS」に伺いました! 新潟から世界を目指すニュースタイルそば店です。 新潟魚沼などのそば粉を用いた二八そばを提供なさっています。 イチオシはご当地オリジナル麺選手権日本一の「塩糀ステーキつけ蕎麦」とおっしゃるので、それを。 安田ヨー
『【蕎麦】蕎麦DAYS(新潟・新潟)』の画像

↑このページのトップヘ