ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん(東北)

かつ重と讃岐うどんが名物! 先日、秋田は大館の島田屋に伺いました! かつ重と讃岐うどんが名物のお店です。 迷っても大丈夫です。「かつ重セット」という、両方味わえるセットがあって、かつとうどんを、各々、並か小が選べるのです。 僕は、かつ重を並、かけうどんを
『【うどん】島田屋(秋田・大館)』の画像

弘前で話題の、製麺所直営うどん店 先日、青森は弘前の神製麺所に伺いました! 製麺所が直営店も併設というので弘前で話題です。 青森県産小麦粉ネバリゴシ100%のうどんは、エッジが立つものの冷たいタイプでも伸びも楽しめます。 3種のカツオ節や瀬戸内産いりこなども
『【うどん】神製麺所(青森・弘前)』の画像

コシのある手打ちうどんに、サクサク天ぷら 先日、福島市の「正伍郎」に伺いました! 創業以来45年。福島で手打ちうどんを作り続けてます。 前日から何度も足踏み工程も経て完成する手打ちうどんは、王道のコシが楽しめます。 その良さが一番分かるのが“ざるスタイル”♪
『【うどん】正伍郎(福島・福島)』の画像

福島県白河市の「さぬきうどん讃源」に伺いました! 製麺所の直営です。コシのある太うどんは、存在感も抜群。 伊吹島産イリコが効いたツユも良かったです。 イチオシは、甘辛くてとろっとろの牛すじがふんだんに載った「牛すじぶっかけ」。 ダシがよく染み込んだ大根や牛す
『【うどん】讃源(福島・白河)』の画像

岩手は盛岡の「小泉うどん店」に伺いました! 高台に建つ1軒家で、ゆったりとした雰囲気も魅力です。 比内地鶏の全卵を練りこんだ特製うどんは、優しい口あたりで幅広い年齢層に支持されてるみたい。 「黒酢スーラーうどん」を。 豚肉や白菜、たけのこ、卵など具だくさんで
『【うどん】小泉うどん店(岩手・盛岡)』の画像

迷うほど個性派うどんが目白押し! 先日、福島県郡山市の「肉汁うどん 自家製麺 まとや」に伺いました! 「肉汁うどん」「肉吸いうどん」「黒醤油チャー玉うどん」など個性派うどんが目白押しでびっくり。 中でも特製辛味噌と八丁味噌でもつを煮込んだ「旨辛もつ味噌煮込
『【うどん】まとや(福島・福島)』の画像

美味しさ&「和」の素晴らしさも光る 先日、青森の「四季の千成」に伺いました! 甘味処からスタートし、現在はラーメン、そば、丼なども扱う幅広き食堂スタイルになってます。 個性的な手拭いが飾られた店内も和の素晴らしさが光ります。 冬の時期は「なべ焼うどん」(4
『【うどん】四季の千成(青森・青森)』の画像

ちく天、卵天、鶏天の載った「よくばりカレー」がイチオシ 先日、岩手は盛岡のうどん屋さん「うどん工房 かたつむり」に伺いました! 四国でうどん勉強のあと、大阪で修業を積み、地元・盛岡でうどん店をオープンなさったそう。 岩手県産小麦粉「もち姫」と国産小麦粉を
『【うどん】うどん工房 かたつむり(岩手・盛岡)』の画像

新庄のゆったり大広間で、武蔵野うどんを 先日、山形は新庄の「手打つけ汁うどん処 てる井」に伺いました! 埼玉産を基本に3種類の小麦粉を用いたうどんは、足踏み工程も経て、モチモチとコシ、香りなどが高バランス。 3種類の厚削りのみ使用のツユも秀逸です。 器は新庄
『【うどん】てる井(山形・新庄)』の画像

ボリュームもたっぷり!山形で珍しきうどん専門店 先日、山形は鶴岡の「笹川食堂」に伺いました! かつて食堂から始まり、うどんが評判でうどん専門店になったという珍しいお店です。 朝練りタイプの自家製うどんはフレッシュで、小麦粉の良さも活きてます。 魚介だしの効
『【うどん】笹川食堂(山形・鶴岡)』の画像

↑このページのトップヘ