ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

そば(東京以外の関東)

先日、神奈川は天王町駅近くの蕎麦店「隠れ家メシ酒場 隼」に伺いました! 創業以来約15年。磯子、阪東橋を経て、天王町へ移転なさったそう。 頂いたのはランチ限定の「天せいろう」 食器にも拘った、長野産そば粉を使用した二八そば。 まずは塩で、そしてカツオ節
『【蕎麦】隠れ家メシ酒場 隼 (神奈川・天王町)』の画像

先日、埼玉は小手先の「手打ちそば 奥乃屋」に伺いました! いただいたのは、天せいろ(えび2本、野菜) 風味とのど越しの良い手打ちそばに、 カツオ節(厚削り)と数か月寝かせた生かえしを使用した辛汁(つけ汁)。 えび2本&野菜天たっぷりで、お得な一品。 各種日本
『【蕎麦】手打そば 奥乃屋 (埼玉・小手指)』の画像

先日、山梨は甲府の蕎麦店「麺 は組」の2号店に伺いました! 本店は建物の建て替えで閉店したみたい。 2号店は、さまざまな飲食店などが軒を連ねるウエルネスゾーンAの一画にあります。 いただいたのは「肉そば」 東京の「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」の流れを汲む1軒
『【蕎麦】麺 は組 2号店 (山梨・甲府)』の画像

先日、千葉は新松戸の蕎麦「たぬきときつね」に伺いました! 上高地の最上質そば粉(粗挽き)を用いた自家製そばも、出し汁も、 作り置きせず毎朝手作りなさっています。 いただいたのは冬でも人気というか、イチオシの「冷やしたぬき蕎麦」 唯一無二の風味と食感が
『【蕎麦】たぬきときつね (千葉・新松戸)』の画像

先日、茨城は日立市の常陸多賀駅が最寄りの蕎麦店「なごみ」に伺いました! 創業以来19年。東京で修業し、地元で開店なさったそう。 いただいたのは、この時期ならではの「牡蠣天せいろ」 北海道産そば粉と常陸秋そばを半々で使用した二八そばは、風味が活きます。 厚
『【蕎麦】なごみ (茨城・常陸多賀)』の画像

先日、千葉は行徳の「手打そば 行徳 慈庵」に伺いました! 天ぷらも無く、そばと、そば前的な一品料理、アルコールのみという潔さ。 「三色そば」がイチオシだそうで、それをいただきました。 北海道産そば粉使用の手打ち二八のせいろ 挽きぐるみを用いた田舎 変わり。
『【蕎麦】慈庵(千葉・行徳)』の画像

先日、埼玉は入間市の「手打そば 末広」に伺いました! 江戸東京そばの会、出身で、 店主ひとりで切り盛りなさってます。 「天せいろ」をいただきました。 二戸から仕入れた丸ぬきを自ら石臼挽きしたそば粉と、北海道のそば粉を用いた手打ちの二八そばは、風味との
『【蕎麦】手打そば 末広(埼玉・入間)』の画像

先日、栃木は那須町の「そば処 れんや」に伺いました! 古民家風の建物と、道沿いから見える青色の水車が目印です。 那須そばの隠れ家としても注目というか、まさに那須の緑豊かなゆったりとした雰囲気にぴったり。 風味が活きる通常の「盛り蕎麦」もいいですが、 イチ
『【蕎麦】そば処 れんや(栃木・那須)』の画像

先日、神奈川は湯河原の蕎麦店「岩戸屋」に伺いました! 湯河原駅から徒歩約15分。 海脇の国道135線沿いです。 北海道産をメインにした自家製そばに、カツオ厚削りや宗田節、枯節などを用いた深みのあるツユ。 もりや天ざるなど定番もいいですが、 これからの時期にぴっ
『【蕎麦】蕎麦厨房 岩戸屋(神奈川・湯河原町)』の画像

先日、千葉は市川の蕎麦店「鴨や天童」に伺いました! 創業以来約40年の蕎麦居酒屋さんです。 長野産蕎麦粉を用いたせいろ(二八)や天童(十割)、田舎(太)の手打ちそばを提供。 メニューを拝見して、お!と思い、「白雪」をいただきました。 いあゆる更科です。 これが
『【蕎麦】鴨や天童(千葉・市川)』の画像

↑このページのトップヘ