ブログbyフードジャーナリスト はんつ遠藤 イメージ画像

うどん

先日、大阪は堺筋本町の「峰のうどん」に伺いました! 千日前などにある「おくを」の系列店です。 ご主人が福岡出身だそうで、福岡のうどんを大阪で提供なさっています。 なので、福岡の製麺所から直送のうどんは40分湯がいた釜揚げで、 柔らかくてふわっふわ。
『【うどん】峰のうどん (大阪・堺筋本町)』の画像

先日、埼玉は朝霞の「武蔵野うどん 蔵内」に伺いました! 朝霞駅からすぐ♪ 「肉汁うどん 白」を頂きました。 香り高く強いコシとモチモチ感が特徴の武蔵野うどんに、 つるりとしたのど越しも兼ね備えた“進化系”。 全粒粉も用いて、風味もより強いです。 「白」の
『【うどん】武蔵野うどん蔵内 (埼玉・朝霞)』の画像

先日、埼玉は春日部のうどん店「天下一うどん 味亭」に伺いました! 三船敏郎ゆかりの築130年古民家で、本場徳島のたらいうどんなどのうどん料理、鴨料理、定食、会席料理まで提供なさっています。 頂いたのは「鴨たらい御膳」 2種の小麦粉を用いた前日練りの自家製う
『【うどん】天下一うどん 味亭(埼玉・春日部)』の画像

先日、東京は荻窪のうどん店「榛名」に伺いました! 長崎は平戸出身ゆえの、郷土愛に溢れた1軒です。 「穴子天ぶっかけ」を頂きました。 五島から仕入れた椿油を使用のつるりと啜りがいのある“五島うどん”に、 自ら朝〆した長崎産穴子の天ぷら。 長崎の醤油や平戸
『【うどん】榛名 (東京・荻窪)』の画像

先日、宮崎市のうどん店「めんくい」に伺いました! 通し営業で15時くらいに伺いましたが けっこうお客さんが。 駅からは遠いですが、クルマなら駐車場も広くて便利な立地です。 ショッピングモールの近所。 いただいたのは名物の「おろしうどん」 最高級小麦粉「
『【うどん】めんくい (宮崎・宮崎)』の画像

先日、東京は久我山の「うどん KITSUNE」に伺いました! 玉川上水を越えた先の路地を入ったところで 隠れ家的な立地もいいです♪ いただいたのは「きつねうどん」 愛知県産小麦粉を用いた朝打ち&手打ちうどんは、風味も活きます。 三陸の昆布や3種の節に粗削り
『【うどん】うどんKITSUNE (東京・久我山)』の画像

先日、埼玉は春日部の「うどん屋 基蔵」に伺いました! 最寄駅は武里駅。店舗の前に駐車場があるので、僕はクルマで。 ご主人は、奈良の山寺で修業経験もあるそう。 いただいたのは「おん玉付き 甘だれ牛すじかけうどん 並盛 300g」 香川「さぬきの夢」など3種類を
『【うどん】うどん基蔵 (埼玉・春日部)』の画像

先日、福岡市の別府駅近くにあるうどん屋さん「和助」に伺いました! 店主は「豊前裏打会」の出身です。 いただいたのは、ごぼううどん。 熟成させた透明感のある茹で立てのうどんは、 つるりとした口あたりとしこしことした食感が楽しめます。 花カツオやウルメイワ
『【うどん】和助 (福岡・福岡)』の画像

先日、福岡は大名の「立ち呑みとうどん みのり」に伺いました! 立ち呑みスタイルで、本格派のうどんも味わえると評判です。 定番もありましたが、福岡らしい「明太釜玉うどん」をいただきました。 讃岐と博多のハイブリッド的な自家製うどんです。 「鳥肝のネギ
『【うどん】立ち呑みとうどん みのり(福岡・福岡)』の画像

先日、東京は銀座の「東京うどん 侍」に伺いました! 日本料理店「栃咲き」が、平日ランチタイムのみうどん専門店になるのです。 ="5" class="pict" /> 「かけうどんと半熟卵天丼セット」をいただきました。 昆布や削り節、イリコなどのオリジナルブレンドの出
『【うどん】東京うどん 侍 (東京・銀座)』の画像

↑このページのトップヘ